免震・耐震金物、ステンレス床束メーカー株式会社コバッシャー


株式会社 コバッシャー

〒544-0012
大阪市生野区巽西3丁目
8番10号


TEL 06-6757-1812
FAX 06-6757-1813

◆床束 (ツカエース)とは

特徴取り付け方種類

ステンレス製床束 ツカエース

 
補助構造材の床束は従来樹脂、鋼製の材料で溶接とターンバックルで高さを調整していますが溶接は表面から付いていても内面は分からない、まして数物になれば尚更の事です。(溶接の難しさ)
 弊社のツカエースは溶接はせず、パイプとプレート板を特許プレス加工して一体化し、調整は片方のネジで高さを調整します。(仕事が早い)
 また、他社製品は上部材にゴムを張っていますが、ツカエースは張っていません。何故なら、1~2㎜の薄いゴムでは直ぐに劣化してしまうからです。(キシミの原因?)
 ツカエースは後の微調整は締めたナットを緩めて、パイプを右に回すことで大引きとの引締めが可能になります。(大引きが痩せた時)
 また丸パイプなので360度圧力を逃がす事が出来ます。
そのような機能を持った床束です。



◆ツカエースの特徴

    日本製
●熔接でなく、プレスカシメの一体化で揺れ強く、耐久性があります
●コスト削減
●ネジの太さ14m/m使用
●仕事が速い(片方を回すだけ)


◆ツカエースの取り付け方

  1. 大引きにツカエースの天板をビスで取り付けて、片手で本体(パイプ)を掴んでもう片方の手で底板のナットをに回して束石(土間コンクリート)に締め付けます。(スパナ、モンキ等)
  2. 締め付けた底板のナットを押えながら、片方の手でスプリング(内歯)ワッシャーのナットをに回し締めて固定します。
  3. ツカエースは縦、横揺れに大変丈夫に設計して居ますので底板はボンド、コンクリートで固定しなくても大丈夫です。(縦、横揺れの実験)
  4. 仮に足場の悪い処で固定した場合、大引きの軋みの微調整は本体(パイプ)の凹みを掴んでに回します。
    (注意、右に回す時スプリングワッシャーのナットを必ず緩めて下さい)  以上で御座います。

★コスト、安全性の為、熔接はしません。
★底面は横揺れの耐久性の為、円く、プレスでカシメています。
底面と束石又は土間コンクリート面はボンド等で固定しないで下さい。(しかしながら足場の必要に応じて作業して下さい)


※製品などの改良の為、予告無しで変更する事があります。
  あらかじめご了承ください。



◆ツカエースの種類

ツカエース
調整範囲
(約20~95)
標準 (調整範囲約60~450)
 標準タイプ 標準タイプ   底板付
オール
ステンレス製
 
SM

SL/SF
 
PSL/PSF

YL/YF
鋼 製  
KM

KL/KF
 PKL/PYF



   ロング (調整範囲約450~950)
標準タイプ 傾斜地用 底板付
オール
ステンレス製

SL/SF

PSL/PSF

YL/YF
鋼 製
KL/KF

PKL/PYF



カスタマイズ ツカエース
下部 上部金具
底板付ボルト L金具 F金具 U金具
オール
ステンレス製

AB

ZSL

ZSF

ZSU
鋼製
A

ZKL

ZKF

ZKU



低位置タイプ ツカエース
  高さ調整
(約40~95) 
高さ調整
(約33~80)
 高さ調整
(約33~80)
傾斜地用
 高さ調整
(約20~50)
オール 
ステンレス製
 
SM-40
鋼製
TK-30
 
TKK-30
 
KM-20



Copyright (C) 2014 Koba-sha All Rights Reserved.